dimarts, 27 d’abril de 2010

現地レポート2『Rumba Club Barcelona』(2010/04/14)

今回は、3周年記念ということで久々に元祖Rumba Clubルンバ・クラブに行ってきました。
ルンバ・クラブはAchili Funkアチリ・ファンク・シリーズのコンピでお馴染みのTxarly Brownチャルリー・ブラウンが、ルンバを愛する人たちが交流する場所を作ろうと、2007年4月に立ち上げたイベントです。当初はグラシア地区のKGBで毎週木曜日にライブ+DJという形式で行われていました。

昨年ラバル地区にあるApolo 2に場所を移し、現在は毎週水曜日の開催となっていますが、ライブ+DJというスタイルは変わっていません。順調に成長していてマドリッドに進出したほか、現在ではカタルーニャ内で4個所ルンバ・クラブを冠にするイベントが行われています。

3周年記念の今夜は開始時間を一時間早めてのスペシャルバージョン。ライブもPapawaパパウワAi Ai Ai アイ・アイ・アイの豪華二本立てで、DJはチャルリーの盟友Makala マカラがバスクからゲスト参加。

予定通り24時を過ぎる頃、パパウワのライブがスタート。
ベースが加入して音に厚みが加わりましたが、クラシック・ルンバを貫く姿勢は以前のまま。今回は新譜『Toca Madera』の発表だったので、初めて聞く曲が多かったのですが、それでも難なく踊れるのがルンバのいいところ。

特別な夜ということで、次々とゲストが登場。La Torba Kung-Fu ラ・トロバ・クンフーのMuchacho ムチャチョ、Gertrudis ジェルトゥルディスのボーカルXavi チャビと新世代グループから参加が続きます。そして次のゲストには会場騒然!!
なんとChacho チャチョ!!彼はルンバの王様ペレと同じルンバ第一世代なのですが、彼が演奏したのはギターではなくピアノ。『ピアノの王様』と呼ばれて、愛情と尊敬を集めるパトリアルカの一人ですが、ペレのように現役バリバリという訳ではありません。予想外の彼の登場と現役時代と変わらない歌声に会場は大盛り上がり。ご覧の通りの大セッションで終わりました。
そしてお次はアイ・アイ・アイ。パパウワのクラッシック・ルンバに対して、彼らが奏でるのはキーボードやPCを利用するモダンなルンバ。ルンバへのアプローチが対照的なベテラングループの共演はとても興味深いものでした。
少し前にボーカルが抜けてしまったということで、急遽ギタリストのRafalito Salazar ラファリト・サラザルがベンティラドールを奏でながらのリードボーカルとなったのですが、さすがパトリアルカの息子(彼の父親はレリダのel tio Rafael ティオ・ラファエル)。素晴らしいルンベロぶりでした。
またまた最後はパパウアもゲストも参加しての大セッション。
この後は5時までマカラのDJタイムが続きました。

旅行のときには本場の音楽を楽しみたいと思っている音楽好きの皆さん。バルセロナ旅行の際にはフラメンコのタブラオではなくて、ルンバ・クラブに足を運んでみてくださいね!!Visca la Rumba!!

Rumba Club Barcelona
Sala Apolo 2: Nou de la Rambla 111(地図はこちら
L3もしくはL2のParal.lel駅の目の前
毎週水曜日 OPEN 24:00〜 Live 01:00〜 Dj time 02:30〜
8€(ラバル地区のCDショップなどに置いてあるフライヤーを持参すると6€になります)

若かかりし日のチャチョの歌声とメロディの上を軽やかに弾むようなピアノの音色。いかがですか?