divendres, 24 de setembre de 2010

ラ・トロバ・クンフーと過ごすメルセ〜La Mercè amb La Troba Kung-fú

昨日(9/23)からバルセロナ市のFestes de la Mercèメルセ祭りが始まりました。バルセロナ市の守護聖人メルセを祝うお祭りで、日曜までは市内各所でイベントが目白押し。カタルーニャの伝統行事からコンサートやダンス、ワークショップまで、そのほとんどが無料で楽しめます。

フェスタのための音楽ルンバ・カタラーナのミュージシャンたちも大忙しで、昨日だけでもLa Troba Kung-Fú、La Pegatina、Pantanito、Los Impagaos、Txarly Brown DJ、Banda Achilifunkと6つもルンバ関連のライブがありました。その中でも、こよなく愛するバルセロナのお祭りとあって、勢力的に活動していたのがラ・トロバ・クンフーの面々。今回はそんな彼らのメルセをレポートします。

まずは、7時からラバル地区にあるBar el Mariacchi バル・エル・マリアッチとラ・トロバが共同で作ったワインClavell Morrenetクラベイ・ムラネ(黒いカーネーションの意味)の試飲会がありました。

©S.NORI
アットホームな雰囲気の中、ワインが振る舞われていい感じになったところで、Joanジョアンのアコーディオンを中心としたアコースティック・セットで10曲ほど演奏。ベンティラドール担当のMuchachoムチャチョが欠席だったためルンバ色は弱冠薄めでしたが、しっかりとガト・ペレスの曲もやっていました。『次は10時半からカタルーニャ広場だからね〜』と上機嫌でバルを後にするラ・トロバの面々。 

その言葉通り、10時半からはメルセ祭りのメイン会場カタルーニャ広場で、ニューアルバム『La Pantxa del Bou(牛のお腹の意味で、カタルーニャで良く知られた漫画にちなんだもの)』の発売記念ライブが行われました。

実は5/5にも新譜発表の名目でライブが行われていたのですが、プレスが間に合わなかったようで、会場ではこちらの映像に映ってるCDRに焼いた手作り感たっぷりの簡易版が5ユーロで販売されていました。
 

この映像では50枚しかない限定版と紹介されていてちょっと笑えます。ちなみに、紙のジャケットには『Auesta serà el nou disc de La Troba Kung-Fú que trabareu a les botugues d'aquí uns dies(これが近日中に店頭に並ぶ新譜です)』と書かれています

その後完成版が無事店頭に並び、今回の改めて発売記念ライブとなったわけです。会場のカタルーニャ広場はバルセロナの中心にあるので、アクセスも抜群。若い者からお年寄り、バルセロナ市民から観光客まで様々な層の人々が集まって、開始予定時刻にはほぼ一杯。

©S.NORI

定刻を少し過ぎた頃に始まったライブは、新旧ほどよく織り交ぜた選曲で、アンコールまで入れてざっと2時間。この前にムチャチョなしの演奏を聞いていたせいか、彼のギターのパワーを再認識しました。『ベンティラドールはエンジン』とは良く言ったもの。たったギター一本なのに、ベンティラドールが入るだけで一気にヒートアップするんですよね。また、べたべたのクンビアをやっても、ルンバのテイストを失わないのは彼のベンティラドールがあるからこそ。どんなジャンルの曲をやってもカタルーニャらしさを失わないジョアンとムチャチョのコンビは最強ですね。

©S.NORI
途中でPapawaパパウワのSamサムやSabor de Graciaサボール・デ・グラシアのボーカルSicusシクス、 ムチャチョの実の弟のフラメンコダンスなど、次から次へとゲストが現れ、賑やかなライブになりました。また、今回は赤と緑のドレスを纏って優雅にコロンビアの民族ダンスを踊る二人の美女の登場もあって、お祭りムードも倍増。

©S.NORI
確実に雨が降るだろうという大方の予想を裏切り、途中す雨粒が落ちた瞬間があったものの、最後まで持ちこたえてくれました。この後、ムチャチョは1時半からのBanda Achilifunkバンダ・アチリフンクに参加するため、El Formまで向かいましたが、私のレポートはここで終了。Visca La Rumba!!