dimecres, 11 de gener de 2012

チャチョ35年ぶりのアルバム発表!

先日アップした2011年ルンバ大ニュースにもランクインしていましたが、ペレと並ぶルンバ界の大スター、ピアノの王様ことChachoチャチョが、昨年の11月11日になんと35年ぶりに新アルバムを発表しました。その名も『Primer Ministro de la Rumba(ルンバの首相)』。
ラバル地区出身のチャチョはルンバの王様ペレとは幼馴染みで、2人で「ああでもない。こうでもない」と演奏する中で、ルンバ・カタラーナが今の形になっていったとか。その後2人とも商業的な成功を収めます(実は主演映画の公開はチャチョが先)が、90年代に復活したペレとは異なりチャチョは次第に忘れられた存在になっていました。
そんなチャチョを再発見したのが、ルンバ・リバイバルの仕掛け人チャルリー・ブラウン。古い音源をまとめた名盤『Achili Funk: Gipsy Soul 1969-1979』(3曲目に収録された疾走感溢れる「Bum Bum」がチャチョの曲)を発表すると、チャリルのところにチャチョの消息を知る人から連絡があり、そこからセルフ・カバー・アルバムの企画が生まれるのです。
出来立てのアルバムを手にご満悦のチャチョ
バックを固めるのは、Papawaパパウワのサム・モスケトンやリカルド・タラゴナ、ジョニー・タラデリャの息子ジャックといったヒターノ新世代。というわけで、100パーセントのピュアなオーセンティック・ルンバ・カタラーナのアルバムが完成しました。チャルリのプロデュースということで、ボーナストラックとしてリミックスが収録されているので、新旧のルンバがいいバランスで楽しめます。
本職デザイナーのチャルリが手がけているので中も凝った造り
サン・ガウデンシが立ち上げた小さなレーベル「サン・ガウデンシ」からの発売で、チャルリー自らディストリビューションという完全DIYで行われています。ルンバを愛する人々のチャチョに対する尊敬と愛情がぎっしり詰まった一枚。
また、沈黙の期間が長かったために、アチリファンクなどのコンピを除くと現在CDで入手可能なチャチョの唯一の音源となります。日本にもアオラさん経由で入るので、興味のある方は探してみてください。ヒターノのルンバがお好きな方には特におススメの一枚です。


ちなみにサン・ガウデンシ・レーベルの一枚目は『The Lito』。ペップ・リャドロのプロデュースでAi Ai Aiが全面協力ということで、こちらは一転、とってもポップな仕上がりになっています。Gertrudisジェルトゥルディスのチャビが参加した『Chanter et Danser』。