dimarts, 27 de juliol de 2010

カタルーニャ語を学んでみませんか?

以前のルンバ講座で説明しましたが、ルンバ・カタラーナなどカタルーニャ文化の核となっているのが独自の言語カタルーニャ語です。スペインでもカタルーニャ以外の地域では勉強する機会を見つけるのが難しいのが現状なんですが、なんと日本にはカタルーニャ語の講座があるんです。それが、世界各国でスペイン語の振興と教育、そしてスペイン及びスペイン語圏文化の普及に努めるInstituto Cervantesインスティトゥト・セルバンテスの日本支部セルバンテス文化センター東京が、カタルーニャ文化の普及を担う L'Institut Ramon Llullインスティトゥト・ラモン・リュイスの協力で講座を企画しているこちらのカタルーニャ講座。

<カタルーニャ語一般コース>
 登録期間:825日(水)~922日(水)
入門 A1/1 30時間
時間割
コースNo
曜日
時間帯
開始日
終了日
13時間
099
15:30-18:30
102
1211

このコースは、欧州評議会の定める語学力評価基準に沿ったレベル分け、セルバンテス文化センター及びInstituto Ramón Llull の学習指導要領に基づいて実施するコースです。A1/1レベル30時間コース。基本的な日常会話に必要な単語、表現、文章の構造などを理解し、使用することを目的とし、コミュニケーションに焦点を置いて、初日からクラスで学んだことを使用して会話をします。
お問い合わせ:電話03-5210-1706
この講座のサイトはこちら

実は私自身も日本にいた頃、この講座の前身となる日本・カタルーニャ親善協会主催のカタルーニャ講座に通っていたことがあります。日本でカタルーニャ語を勉強していたと言うと、本当に日本には何でもあるんだなって関心されます。カタルーニャはなんだかんだ言ってもカタルーニャ語で溢れているので、興味のある人はちょっとでもかじってみると、また違う側面が見えてきてとても面白いですよ。

ついでに、カタルーニャ語とスペイン語の違いについてお話しておきましょう。この二つの言語にはいろいろと違いがあるのですが、一番大きな違いは音というか響きだと個人的には思っています。ぼーっと聞いていても、耳障りが全然違うんですよね。ということで、メスティサヘ系ルンバを代表するLa Pegatinaラ・ペガティナの曲で、二つの言語の音の響きの違いを比べてみましょう。まずは、スペイン語で歌っている『Mirannda』。

次にカタルーニャ語で歌っている『Gat Rumberu』を聞いてみてください。
いかかですか? 同じ人が歌っているんですけど、大分違って聞こえますよね。